別れさせ屋

別れさせ屋の報告手順

別れさせ屋工作のご相談をされる方にとっては計画の進行状況の報告をどう受けるかを心配される方が多いと思われます。

他社にご依頼された方からの話しの中には「信用して依頼したけど途中経過の報告が全然ないので、心配になってきた」という内容をよく聞きます。
料金を支払った後、何も報告がなければご心配されるのは当然です。

別れさせ屋についてご安心頂くために当社での「報告の手順」について記載いたします。

ご契約時に窓口となる担当者の氏名と携帯電話番号(場合により番号とアドレス)をお伝え致します。
すぐに担当者よりお電話にてご挨拶と今後の日程の確認とご説明があります。

別れさせ屋のご契約時に取り決めた計画実行初日に担当者よりお電話又はメールにて本日の調査内容・工作内容・結果と、今後の予定をご連絡致します。

別れさせ屋の計画実行2日目以降も、初日と同じようにご連絡し計画を進行してゆきます。

別れさせ屋計画が1つの段落を終了した際(例えば事前調査終了)(工作員との接触が終了など)報告書と別れさせ屋工作活動(又は調査)実行中に撮影した映像(DVD/VHS)をお渡し致します。
目安として着手日より2~3週間後の事と思われます。
原則的には担当者がお会いしてお渡し致しますが、ご依頼主の都合によっては郵送する事も出来ます。

ご依頼主のご希望により撮影された映像を早く見たいと要望があれば、映像(DVD/VHS)を即、お渡しする事も出来ます。

その後も別れさせ屋工作活動当日に結果と内容をご連絡し、2~4週間のサイクルにて報告書と映像をお渡ししながら今後の別れさせ屋計画予定をご説明致します。

また、ご希望であれば別れさせ屋工作活動中にリアルタイムで状況をご連絡する事も出来ます。

別れさせ屋工作期間中にご依頼主側から、ターゲットに関する情報などを得る事がありましたら、出来る限り早くご連絡を下さい。
情報の内容により計画が進行しやすくなると思われます。

別れさせ屋計画が終了した際にもう一度担当者と会って頂き、最終日までの報告書と映像をお渡しし、これまでの流れについてと今後のアフターフォローについての説明を聞いて頂きます。

別れさせ屋工作においては、常にご依頼主と担当者の間での密な連絡の取り合いが必要であり、お互いの信頼としても重要な事であると言えます。

別れさせ屋

http://www.sweepdesign.jp/wakaresase/

別れさせ屋 別れさせ屋工作

Leave a Reply