別れさせ屋のパターンを紹介

別れさせ屋のパターン

別れさせ屋工作の別れさせ屋工作パターンは細かく分類すると何千通り何万通りというぐらい各案件により無限のパターンがあるように考えられますが、ターゲット2名の状況から考えると大きく次の6つのパターンに分類する事が出来ます。

  1.  現在交際中で時々会っている恋人同士の別れさせ
  2. 現在同棲中で一緒に住んでいる二人の別れさせ
  3. すでに結婚している夫婦の別れさせ
  4. 不倫している愛人関係の別れさせ
  5. ご依頼主本人と現在交際中の相手との別れさせ
  6. ご依頼主本人とその夫又は妻との別れさせ

 

これらの6つのパターンにより別れさせ屋工作方法も大きく6パターンに分類されると考えられます。     

各パターンによる計画の違いをご参考として下さい。 

1 現在交際中で時々会っている恋人同士の別れさせ
元彼又は元彼女と現在の交際相手
二股を掛けられている相手
彼氏又は彼女に近づいてくる異性
彼氏又は彼女が気にしている異性
思いを寄せている好きな人の彼女又は彼氏
娘又は息子の交際相手
 
1202717_longing_1.jpg
 
これらのケースの場合は別れさせ屋工作員が新しい恋愛対象となり、今までの交際をやめて別れさせる別れさせ屋計画が一般的です。
別れさせ屋工作員とターゲットの交際が親密になりターゲット本人から今までの交際相手(第2対象者)に別れを切り出す場合と、二股が発覚してターゲットが交際相手から別れ話しをされる場合と大きくわけて2種の結末があります。
どちらにしても結果は成功ですが、成功に導くためにどちらのパターンに線路を引いて別れさせ屋計画を進行するかは状況により判断して行きます。
また、別れさせ屋工作員がターゲットに近づく際には相手の状況や境遇に会わせて設定をします。
例えば、「ターゲットが今は付き合っている人がいる」と工作員に対して認めている場合などは、別れさせ屋工作員も「私も付き合っている人はいるよ」としてお互い割り切った関係で親密になって行く別れさせ屋計画を立てます。
同じ立場で同じ境遇の方がより親密になりやすい事が多いのです。
女性のターゲットに男性工作員を接触させる場合は、まず女性別れさせ屋工作員が接触し、友人関係となってから女性別れさせ屋工作員の知り合いとして男性工作員と接触させる事もあります。
女性次第でもありますが、あまり突然に近づいて来る男性には女性の警戒心が別れさせ屋計画の進行に差し支える事が想定されます。
ただし、接触の仕方がよければ原則として男性も女性も好みのタイプにはやはり弱いものです。
ターゲットの好みのタイプや趣味・恋愛観・口説かれやすい弱点などを
分析し心理作戦を実行し別れさせ屋の計画の成功に導きます。
 
2 現在同棲中で一緒に住んでいる二人の別れさせ
元彼(又は元彼女)が今は他の人と同棲している
好きな人には交際相手がいて同棲している
娘(又は息子)が同棲している
 
基本的には同棲している二人のどちらか片方にターゲットを絞り別れさせ屋工作を進行する事を計画しますが、あまりに二人の関係が親密であり簡単に別れそうもない状況であれば、2名両方に別れさせ屋工作する計画を立てます。
また、別れさせ屋工作員との接触が困難である状況であれば、男性ターゲットには男性別れさせ屋工作員、女性ターゲットには女性別れさせ屋工作員という風にお互いに同性の別れさせ屋工作員を接触させ、友人関係を作る事からスタートします。
一度同性の別れさせ屋工作員がターゲットと友人関係になれば異性の別れさせ屋工作員と知り合うきっかけを作るのは容易な事となります。
男性同士、友人に誘われて飲みに行った先で女性と出会う。
友人に誘われて行った合コンで好きなタイプの子がいた。
など、他にも女性別れさせ屋工作員と接触させる方法は何通りもあります。
このメリットは、仮に女性別れさせ屋工作員がターゲットのタイプでなかったとしてもまた、すぐに別の女性別れさせ屋工作員との接触を計画出来る事でもあります。
異性の別れさせ屋工作員との接触が完了されれば後は心理作戦です。
ターゲットが別れさせ屋工作員に恋愛感情を持つ事により同棲中の相手が邪魔な存在に思えて来ます。
または、同棲中の相手と別れさせ屋工作員との二股を掛けている状態から二股の発覚に進行しトラブルを起こす別れさせ屋計画もあります。
この時点で女性ターゲットにも男性別れさせ屋工作員の接触が出来ていればトラブルはより複雑なものにする事が出来ます。
同棲中の恋人同士の場合、別れさせを成功するには気持ちを完全に引き離す事が必要です。
いざ、別れるとなってもどっちがこの部屋から出ていくのか。
その後は何処に住むのか。
荷物はどうするのか。
などいろいろな問題をクリアして別れが実現されます。
ただし、一度別れを考えた時に一番決心が固まり安いのが同棲中の関係でもあります。
これ以上一緒に生活をしても発展が無いと感じてしまうからです。
3 すでに結婚している夫婦の別れさせ
妻(又は夫)とは別れると言っているがいつまでも別れてくれない
内縁関係であった自分と縁を切って何もなかったかのように妻の元に戻った信じていた彼(又は彼女)が実は結婚していた
妻(又は夫)とは別れられない・・私とも別れたくない・・と言われた
娘(又は息子)の結婚相手の素行・性格が許せない
 
 
交際中の二人、同棲中の二人と大きく違うのは、別れを決意しても実際の離婚までには当然手続き上の時間がかかる事です。
心理作戦としては、常に現在の妻(又は夫)と別れさせ屋工作員を比べて見られている事を意識した作戦が必要です。
別れさせ屋工作員は常に、妻(又は夫)には無い魅力を演出する事が重要です。ところが、結婚していてもお互い男であり女である事に変わりは無いので別れさせ屋工作方法に大きな違いはありません。
特に男性ターゲットに関しては既婚者の方が独身男性よりも浮気願望が強く別れさせ屋工作し易いケースが多々あります。
結婚生活の状況によっては女性をターゲットとしても同じ事が言えます。
ターゲットと接触をした別れさせ屋工作員は心理作戦にて気を引きながら「自分の結婚は間違っていたのでは・・」と判断させます。
終盤には夫婦どちらから離婚話しを切り出させるかによって別れさせ屋計画の方向付けを決定してゆきます。
すぐに離婚させるのが困難な場合は、一旦夫婦別居の方向に計画します。
別居まで成功した時点で一旦別れさせ屋工作活動を中断するケースもあります。
ただし、中断する事によって夫婦関係が回復してしまう可能性があるのであれば、当然中断せずに続行します。
夫婦関係の別れさせの場合は別れを決意してから実際に離婚届けが出されるまでに日数がかかる事が考えられるので、どの時点で別れさせ屋工作を終了するかの判断も必要となるのです。
別れさせ屋工作を中断しても離婚成立が確認されるまでのアフターホローやアドバイスは継続します。 
4 不倫している愛人関係の別れさせ
夫(又は妻)とその不倫相手
父(又は母)とその不倫相手
彼氏(又は彼女)とその不倫相手  (相手が既婚者)
元彼(又は元彼女)とその不倫相手  (相手が既婚者)
 
「不倫」と「浮気」の違いについて考えた事があるでしょうか。
「不倫」と「浮気」が違うのであれば、当然不倫関係の別れさせと浮気相手との別れさせは別れさせ屋工作計画や心理作戦が大きく違ったものとなります。
ここでは便宜上、「不倫の関係」の定義として浮気以上の本気の恋愛である事とします。
「浮気相手」は配偶者又は本命の恋人以外の遊びとして交際している恋愛対象。
「不倫相手」はどちらかが(又は両方が)既婚者であるのにも関わらず本気 の恋愛感情を抱いて交際している恋愛対象。
 便宜上ですがこのような定義をご理解下さい。
 
浮気相手との別れさせ屋工作は、当然遊びの恋愛対象との別れさせですから難易度は低いと考えます。
工作をしなくてもしばらく放っておいてもすぐに別れる事もあるのでは?
しかし、不倫相手との別れさせ屋工作の場合そうはいきません。
本気の恋愛、しかもどちらかが(又は両名が)既婚者であるのにも関わらず本気になってしまった恋愛関係。
この事を把握した上で別れさせ屋計画を立てる事が重要となります。
不倫関係の別れさせ屋工作においては、人にバレてはいけない、後ろめたい交際であるという状況を利用します。
男女どちらをターゲットとするかによっても別れさせ屋工作方法は違ってきますが、
ここでは一番数多い例として男性が既婚者で女性が独身の場合の一例を上げておきます。
ターゲットは既婚者の男性とした場合です。
事前調査にて得た情報を利用してターゲットには男性工作員と女性別れさせ屋工作員がそれぞれ別の場所で接触をして知人関係を作ります。
女性別れさせ屋工作員は「今は付き合っている人はいないけど、独身よりも既婚者とおつき合いがしたい」というスタンスを取りターゲットの浮気心を誘発させます。
また、男性別れさせ屋工作員は「自分は妻がいるけど他に彼女もいる・・」と不倫の話題を持ちかけます。
不倫の関係だからこそ生じる悩み・苦しみ・喜びなどについて語ると当然、ターゲットも同じ悩みや喜びを知るもの同士として賛同するようになります。
心理作戦として男性女性の両別れさせ屋工作員から不倫・浮気に対する抵抗感や罪悪感を消してゆく事からはじまり、その後は女性別れさせ屋工作員との交際、また男性別れさせ屋工作員に紹介された別の女性別れさせ屋工作員Bとの交際まで成立。
この時点でターゲットは不倫相手以外に浮気相手が2名。
妻を会わせて四股状況となります。
その後、女性別れさせ屋工作員側から四股状況が発覚。
当然、この状況を不倫相手にも妻にも知られる事を恐れる事となります。
ここからは状況次第ですが、工作員女性2名及び不倫相手と別れなければ妻にも会社などにもいずれバレてしまう状況を作ります。
まずは、第2ターゲットである不倫相手女性にバレる事によりこのままではターゲットの妻から責められる・慰謝料を請求される・自分の両親にもバレる。
もう別れなければ、と不倫相手女性の方から別れる決心をする事となります。
女性としては自分以外にも二人の女性がいた事を知ってしまうのですから、「こんな人とは別れた方がいい」となりやすい状況となります。
ターゲットの男性も自分の後ろめたさと家庭や社会的な信用を失う事を恐れ別れる決心を固めます。
場合によっては本当に妻にバラしてしまう事もあります。
5 ご依頼主本人と現在交際中の相手との別れさせ
彼氏(又は彼女)に別れたいと言っても別れてくれない
彼氏(又は彼女)と別れたいけど自分からは言えない
彼氏(又は彼女)と別れたのにしつこく追ってくる
 
ターゲットが男性であった場合は女性別れさせ屋工作員の逆ナンが成功すれば早い段階で別れさせ屋工作は終了します。
心理作戦により別れさせ屋工作員女性に気持ちが向いて夢中になってきた状況でご依頼主本人から別れ話しを切り出せばすぐに別れは成立となります。
自分から別れ話しを切り出せないのであればターゲットから別れたいと言わせる計画を立てます。
なかなか言い出さないようであれば言いやすい状況を作るアドバイスを致します。ターゲットが女性の場合は男性別れさせ屋工作員との接触方法が重要となります。
場合によっては女性別れさせ屋工作員がターゲット女性と知人関係を作った後、女性別れさせ屋工作員を介して男性別れさせ屋工作員を紹介、または男性別れさせ屋工作員との出逢いを演出します。いずれにしてもターゲットは一時二股を掛けている状況となるので、その後どちらかとは別れなければならない環境を作り上げます。
ターゲットが 別れさせ屋工作員と別れてご依頼主とは別れたくないという選択にならないためのアドバイスを致しますから忠実に実行して下さい。
そんなに難しい事ではありません。
ポイントだけで大丈夫です。
別れ際の会話が最終的な重要項目です。
会話によりお互いが納得した別れを演出しないと、また復縁を求めてくるようになってしまっては後が大変です。
別れさせ屋工作終了後もアフターホローを致しますのでご安心の上お任せ下さい。
 
6 ご依頼主本人とその夫又は妻との別れさせ
夫(又は妻)に離婚したいと言ったが拒否された
夫(又は妻)と離婚したいが自分からは言い出せない
夫(又は妻)と正当な理由で離婚したい
ターゲットと別れさせ屋工作員が接触する方法には大まかに5通りのパターンあります。
  1.  ターゲットの趣味を利用しての接触
  2. ターゲットの勤務先を利用しての接触
  3. ターゲットの知人関係を介しての接触
  4. ターゲットの生活パターンからの接触
  5. すでに接触している別の工作員を介しての接触
 
ご依頼主本人がターゲットの知人(夫婦)である場合は3のパターンが一番確実で早い接触方法となります。
まずは何らかの状況でご依頼主本人が自分の夫(又は妻)に同性の別れさせ屋工作員を知人として紹介、又は知り合うきっかけを作ります。
次に同性の別れさせ屋工作員を介して異性の別れさせ屋工作員との接触を計画します。
ご依頼主本人と異性の別れさせ屋工作員は知人であってはならない事を前提とします。
異性の別れさせ屋工作員がターゲットと接触をしてもターゲットは既婚者ですからそう簡単に浮気をするとは限りません。
同性の別れさせ屋工作員1名と異性の工作員2名を起用し、グループでの遊び仲間飲み仲間から成立させてゆきます。
原則として同性の別れさせ屋工作員が異性の工作員Aと個人的な交際を開始するタイミングでターゲットと異性の別れさせ屋工作員Bが交際の成立に進行しますが、それすら困難である場合はさらにグループの人数を増やし、4対4でのグループ交際を成立させます。
そしてターゲットを含む男女8人の恋愛(不倫)ストーリーを作ります。
ストーリーのシナリオは本部と7名の別れさせ屋工作員で協議しながら作ってゆきます
が、ターゲットの心境や状況などにより変更しながら別れさせ屋計画を進行します。
心理作戦を利用しターゲットと別れさせ屋工作員1名との交際を成立させ計画は終盤へ。
ターゲットの不倫がご依頼主に発覚するまでのストーリーを展開。
ご依頼主は正当な理由でターゲット(自分の夫又は妻)に別れ話しを切り出し別れさせ屋計画は終了へと近づきます。
ご依頼主本人が別れ話しを切り出せない状況であれば別れさせ屋工作員を利用して切り出させる方法もあります。
 
別れさせ屋工作の工作パターンは100の案件があればパターンも100
パターンです。
全く同じパターンで必ず成功する方法は残念ながらあり得ません。
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>